約1ヵ月ぶりの県南部。


前回と比べると、ずいぶんと春らしくなってまいりました。


野鳥に興味を持つようになってから意識するようになったんですが、


けっこうどこの森でもドラミングの音が聴こえてくるんですね。


いつも来ているこの森にもたくさんのコゲラ↓がいるようです。

1コゲラ
(2017.03.20 茨城県県南部)
2コゲラ
(2017.03.20 茨城県県南部)


いつもドラミング最中での画像のためか、お顔をしっかり拝めたことがありません。


正面から撮ってみたい(笑)



しばらく森の中でうろうろしていると、聞きなれない鳥の声が聴こえました。


しかし、声は聴こえども、姿がどこかわかりません。


しばらくの間グルグルあたりを見回しながら、必死に耳を澄ますと、


かなり遠くに声の主と思われる姿を発見しました。


コンデジ望遠の限界に挑みながら撮影出来たのがコレ。


声の主はヤマガラ↓でした。

3ヤマガラ
(2017.03.20 茨城県県南部)


手前のコナラに焦点が(笑)


4ヤマガラ
(2017.03.20 茨城県県南部)


枝が邪魔だし・・・(笑)


はっきりとしたお姿は拝見できませんでした。


コンデジの限界というよりも、カメラを使いこなせていない私のスキルの問題ですね...


さて、山の先輩の作業(整備ボランティア)を手伝い、そこで教えていただいたのが下の野草。


ネコノメソウ

6ネコノメソウ
(2017.03.20 茨城県県南部)
7ネコノメソウ
(2017.03.20 茨城県県南部)


ネコノメソウは日本国内に15種あるそうで、その半分は固有種なんだそうです。

まず、葉の付き方が互生か対性かでネコノメソウかヤマネコノメソウかに分かれるんだとか。


このときはそんなこと知りませんでしたから、↑がどちらかは不明です。

次回確かめてみましょう。


さてさて、、、


陽もいくらか西に傾き、山の先輩方と別れてからも少しだけ山を散策してみました。


あいかわらず、そこかしこでドラミングの音が聴こえてくるので再びコゲラ君にカメラを向けてみました。



コゲラ

8コゲラ
(2017.03.20 茨城県県南部)
9コゲラ
(2017.03.20 茨城県県南部)


↑やっとお顔を拝見(笑)


10コゲラ
(2017.03.20 茨城県県南部)
11コゲラ
(2017.03.20 茨城県県南部)


そしてこちらもよく出会うシジュウカラ

12シジュウカラ
(2017.03.20 茨城県県南部)
13シジュウカラ
(2017.03.20 茨城県県南部)
14シジュウカラ
(2017.03.20 茨城県県南部)


再び遠~~~くにいたヤマガラ

15ヤマガラ
(2017.03.20 茨城県県南部)


最後は、失敗続きのアカゲラ

16アカゲラ
(2017.03.20 茨城県県南部)


他にも何か猛禽類やらすばしっこい小鳥やら色々おりましたが、なかなか写真に納まってもらえませんでした(笑)




そろそろ花も色々咲いてきそうですし、それに合わせて色々な虫たちも出てきそうです。

これからの季節がますます楽しみですね。


次回も茨城県県南部をウロウロする予定です。
スポンサーサイト
死ぬほど寒い朝でした(笑)


ケヤキの樹皮裏の虫たちをいつもより少しだけじっくりと採集してみました。


普通種ばかりでしょうけど、けっこう色々いるものですね。




まずはキイロクビナガハムシ

1-1キイロクビナガハムシ
(2017.03.19 茨城県県央部)
1-2キイロクビナガハムシ
(2017.03.19 茨城県県央部)
1-3キイロクビナガハムシ
(2017.03.19 茨城県県央部)

なかなか派手な感じの色合いです。

ヤマノイモ、オニドコロ、ウチワドコロなどの葉を食べるそうで、 幼虫は糞を背中に乗せるとか。


↑糞を乗せた幼虫を生で見てみたいなと。




続いてです。


今回は写真がたっぷりあるので、飛ばしていきますっ!




ヒレルクチブトゾウムシ

2-1ヒレルクチブトゾウムシ
(2017.03.19 茨城県県央部)
2-2ヒレルクチブトゾウムシ
(2017.03.19 茨城県県央部)
7-1ヒレルクチブトゾウムシ
(2017.03.19 茨城県県央部)
8-1ヒレルクチブトゾウムシ
(2017.03.19 茨城県県央部)
8-2ヒレルクチブトゾウムシ
(2017.03.19 茨城県県央部)
27-1ヒレルクチブトゾウムシ
(2017.03.19 茨城県県央部)


かなりの割合で↑はいますね。

サクラやウメなどのバラ科樹木の葉を食べるそうです。

まだ↑で採集したことはありませんけど。




クロツヤキノコゴミムシダマシ↓でしょうか?

3-1クロツヤキノコゴミムシダマシ?
(2017.03.19 茨城県県央部)
3-2クロツヤキノコゴミムシダマシ?
(2017.03.19 茨城県県央部)


見づらいですが、頭部に一対のツノがあります↓

DSCN0477.jpg
(2017.03.19 茨城県県央部)


見えるかな??





ハロルドヒメコクヌスト

4-1ハロルドヒメコクヌスト
(2017.03.19 茨城県県央部)
4-2ハロルドヒメコクヌスト
(2017.03.19 茨城県県央部)
4-3ハロルドヒメコクヌスト
(2017.03.19 茨城県県央部)



『ハロルドヒメコクヌスト』


これ↑だけ聴いて、虫の名前だとわかる人がどれだけいるのか...


コクヌストは『穀盗人』と何かで見たけどホントなんでしょうか?www




さて、チビタマムシの一種。


ナミガタチビタマムシかな?↓


5-1チビタマムシの一種
(2017.03.19 茨城県県央部)
5-2ヤチビタマムシの一種
(2017.03.19 茨城県県央部)
20-1チビタマムシの一種
(2017.03.19 茨城県県央部)
21-1チビタマムシの一種
(2017.03.19 茨城県県央部)
25-1チビタマムシの一種
(2017.03.19 茨城県県央部)


チビタマムシもどれも似ていて、同定がやっぱり難しい。

しかも小さいから老眼で見えん。


何種か混在しているかも・・・


チビタマムシ類の同定のポイントとなるのは腹面ということなので、

次回じっくり見てみようかな。





ここでゴミムシを一種。


ホソアトキリゴミムシ


9-1ホソアトキリゴミムシ
(2017.03.19 茨城県県央部)
9-2ホソアトキリゴミムシ
(2017.03.19 茨城県県央部)


黒いゴミムシの同定も種類が沢山いて難しいですよね。

臭いは結構慣れましたけど(笑)




初対面のキアシクビボソムシ

10-1キアシクビボソムシ
(2017.03.19 茨城県県央部)
10-2キアシクビボソムシ
(2017.03.19 茨城県県央部)
10-3キアシクビボソムシ
(2017.03.19 茨城県県央部)
11-1キアシクビボソムシ
(2017.03.19 茨城県県央部)
11-2キアシクビボソムシ
(2017.03.19 茨城県県央部)


も一つ初対面。


キクイムシの一種↓

12-1キクイムシの一種
(2017.03.19 茨城県県央部)


なかなか出会わない虫ですね。

まあ小さいこともあるんですが、意識して採集しないと気づかずにスルーしちゃいます。



アカアシノミゾウムシ

19-1アカシノミゾウムシ?
(2017.03.19 茨城県県央部)
19-2アカシノミゾウムシ?
(2017.03.19 茨城県県央部)
19-3アカシノミゾウムシ?
(2017.03.19 茨城県県央部)


色は違うけど同じノミゾウムシ?

16-1アカシノミゾウムシ?
(2017.03.19 茨城県県央部)
16-2アカシノミゾウムシ?
(2017.03.19 茨城県県央部)


へんてこな虫。

プラタナスグンバイ

14-1プラタナスグンバイ
(2017.03.19 茨城県県央部)


かわった姿の虫がいるもんですね。

北米原産の侵入害虫で,プラタナスに寄生して吸汁加害するようです。

害虫も益虫も「人目線」ですけどね。


いや、プラタナスにとっても害虫か。


ヒメハナムシの一種?

15-1ヒメハナムシの一種
(2017.03.19 茨城県県央部)
15-2ヒメハナムシの一種
(2017.03.19 茨城県県央部)
15-3ヒメハナムシの一種
(2017.03.19 茨城県県央部)


日本では十数種が記録されているそうです。


幼虫はさび病菌や黒穂病菌などの菌類を食べるとか。

益虫?なんですかね??

写真の姿↑が可愛らしいです。




イチモンジカメノコハムシ

26-2イチモンジカメノコハムシ
(2017.03.19 茨城県県央部)
26-1イチモンジカメノコハムシ
(2017.03.19 茨城県県央部)

これもまた変わった姿の虫ですね。

なぜ透明の笠をかぶったのでしょ?

謎です(笑)



クロハナカメムシ

22-1クロハナカメムシ
(2017.03.19 茨城県県央部)


これ↑も結構沢山いました。

カメムシも大きいのから小さいのまでたくさんの種類がいますよね。

ニシキキンカメムシをぜひ見てみたいっ!



というわけで、ケヤキの樹皮裏越冬虫探しは終了し次なるポイントへ。





河川敷にやってきました。


野鳥と野草.(花)が目的です。



早速ですが、ピンボケの写真を1つ。


カシラダカ↓でしょうか?

28-1カシラダカ?
(2017.03.19 茨城県県央部)


いやぁ~、ほんとにひどいピンボケですね(笑)

へたくそ極まりありません。


どんどんいっちゃいましょう!


と、その前に、、虫を発見!



ナナホシテントウ

29-1ナナホシテントウ
(2017.03.19 茨城県県央部)


春ですね~



さてさて、ヒヨドリ↓です。

30-1ヒヨドリ
(2017.03.19 茨城県県央部)


モズ↓おおりました。

31-1モズ
(2017.03.19 茨城県県央部)


平野部のどこにでもいる種類なんですかね。

いろいろなとこで出会います。


ホオジロ

32-1ホオジロ
(2017.03.19 茨城県県央部)
32-3ホオジロ
(2017.03.19 茨城県県央部)
33-1ホオジロ
(2017.03.19 茨城県県央部)


ホオジロとアオジの会話

32-2ホオジロとアオジ
(2017.03.19 茨城県県央部)


↑なにを話ているんでしょうか?

気になります(笑)



白いお花を発見したんですが、ユキヤナギ↓でしょうか?

34-2ユキヤナギ?
(2017.03.19 茨城県県央部)
34-1ユキヤナギ?
(2017.03.19 茨城県県央部)


花をみるとユキヤナギっぽいのですが、チョボチョボとしか花をつけていないんですよね。

どうなんでしょ?



ツグミ

35-1ツグミ
(2017.03.19 茨城県県央部)
35-2ツグミ
(2017.03.19 茨城県県央部)


シジュウカラ↓もいました。

36-1シジュウカラ
(2017.03.19 茨城県県央部)
36-2シジュウカラ
(2017.03.19 茨城県県央部)


でもやっぱり虫にも目が行くんですよね(笑)

飛んでて、、、、留まりました。


カワゲラの一種↓ですかね?

37-1カワゲラ?
(2017.03.19 茨城県県央部)


このあとすぐに飛んで行ってしまったので、色合いや形はわかりませんでした。



再びホオジロ

38-2ホオジロ
(2017.03.19 茨城県県央部)
38-3ホオジロ
(2017.03.19 茨城県県央部)
38-1ホオジロ
(2017.03.19 茨城県県央部)


けっして派手な色をしているわけではないのですが、

野鳥ってきれいですね。

毛並みというか、なんというか・・・


河川敷の最後はアオジ↓です。

39-1アオジ
(2017.03.19 茨城県県央部)
39-2アオジ
(2017.03.19 茨城県県央部)


さて、さてさて、さ、て。


再び移動しちゃいましょう!



車で数分の風致地区。


ヒメアカホシテントウ

40-1ヒメアカホシテントウ
(2017.03.19 茨城県県央部)


ナミテントウよりもかなり小さいようです。



そして朽木の中からサビキリコ

41-1サビキコリ
(2017.03.19 茨城県県央部)


白いお花ナズナ

42-1ナズナ
(2017.03.19 茨城県県央部)
42-2ナズナ
(2017.03.19 茨城県県央部)


初めての紹介でしょうか?

ハエを一種。


マメハモグリバエ

43-1マメハモグリバエ
(2017.03.19 茨城県県央部)
43-2マメハモグリバエ
(2017.03.19 茨城県県央部)

きれいな色合いのハエもいるんですね。

最初はアブかと思ってました。

でも、目(複眼)の位置が違いますよね。



で、最後にっ!


また移動(笑)




近所の公園に到着。

きれいなピンク色の花をつけた樹木があります。

早咲きの桜かな?


メジロ↓が数羽蜜を舐めています。

44-1メジロ
(2017.03.19 茨城県県央部)
44-2メジロ
(2017.03.19 茨城県県央部)
44-3メジロ
(2017.03.19 茨城県県央部)
44-4メジロ
(2017.03.19 茨城県県央部)
44-5メジロ
(2017.03.19 茨城県県央部)


我ながらきれいに撮れました(笑)


メジロが食事に夢中で相当近くまで近寄れたんです。



で、おトイレの壁に虫を発見!



春ですね~ww


ムラサキナガカメムシ

45-1ムラサキナガカメムシ
(2017.03.19 茨城県県央部)
45-2ムラサキナガカメムシ
(2017.03.19 茨城県県央部)


ムネアカツヤコマユバチ

46-1ムネアカツヤコマユバチ
(2017.03.19 茨城県県央部)
46-2ムネアカツヤコマユバチ
(2017.03.19 茨城県県央部)



ヒシバッタの一種

47-1ヒシバッタ
(2017.03.19 茨城県県央部)



飛んでいた虫を目で追っていたら、葉っぱにとまったので。


クサカゲロウ

48-1クサカゲロウの一種
(2017.03.19 茨城県県央部)
48-2クサカゲロウの一種
(2017.03.19 茨城県県央部)



ラストっ!


クサカゲロウの近くにいたホソヒラタアブ?

49-1ホソヒラタアブ?
(2017.03.19 茨城県県央部)



以上、3月19日に確認できた市内の生き物たちでした。



長くてスミマセン↑




明日は県南部に遠征予定(笑)
ネットで偶然名前を見つけた「蛾」を2種。




何かに襲われた亡骸??




「端正」とは真逆の完成系。

彼らにとってはこれが「端正」なのでしょう。


フサヤガ

フサヤガ
(2016.09.25 茨城県県北東部)


かと思えば、左右対称?の細かな縞模様。


なぜ?


なぜその出で立ちになったのか?


帯の色は白じゃなくては駄目だった??

白い線はなぜその本数なの??


などなど、などなど・・・


ホソスジナミシャク

ホソスジナミシャク
(2016.08.10 茨城県県央東部)



今日も仕事を終えて晩酌をしながらこれを更新しています。



彼ら↑の存在が、形が、、色が、、模様がどうであれ、私の生活には何ら影響はないのかもしれません。




でもこういった↑生き物がちゃんと同じ時を共有して存在しているんですね。


なぜいるのでしょう?



興味をそそられます。

2013.05.07
栃木県 高原山

ショウジョウバカマ

1ショウジョウバカマ
(2013.05.07 栃木県高原山)

2ショウジョウバカマ
(2013.05.07 栃木県高原山)


まだ早春の色が濃い高原山でひっそりと一輪だけ咲いていました。


約4年もの間名前をちゃんと調べていなかったんですが、今夜なんとなく調べてみました。


珍しいものではないのでしょうが、とても印象に残っているお花です。


2013.05.01
茨城県 難台山

そしてもう一輪、チゴユリ↓です。

1チゴユリ
(2013.05.01 茨城県難台山)

2チゴユリ
(2013.05.01 茨城県難台山)


この花(この花の写真かな?)はとてもお気に入りなんですよね。


どこか寂しげで。。。







せっかくの休みなのに天気が...
(ノω・`o)ショボーン・・・・・


それでも、とあるケヤキ並木で樹皮裏チェックを少しだけ。


平日の日中だし、天気は悪いし、、

こんな中、街路樹をいじり倒している中年は完全に怪しいハズ。。。


でも、虫さんは顔を見せてくれました。


キンイロエビグモ↓でしょうかね?

1キンイロエビグモ
(2017.03.17 茨城県県央部)
1-2キンイロエビグモ
(2017.03.17 茨城県県央部)


エビグモって多いのかな。

続いて、

ナミテントウ↓?

2ヒメアカホシテントウ
(2017.03.17 茨城県県央部)

ヒメアカホシテントウってのもいるようですが、ナミテントウと比べるとずっと小さいみたいですね。

見てみたい。


甲虫をもう一つ。

セアカヒラタゴミムシ↓でしょうか?

4セアカヒラタゴミムシ
(2017.03.17 茨城県県央部)

ケースにとって詳しく見ようと手を伸ばしたら、、、


植え込みに落ちて行方不明になりました。


「黒い」ゴミムシの同定の決め手はなんなんでしょ?

難しい・・・


さてさて、樹皮裏にはクモが多いですね。

キハダエビグモ

3キハダエビグモ
(2017.03.17 茨城県県央部)

と、キハダカニグモ

5キハダエビグモ
(2017.03.17 茨城県県央部)


ここから甲虫が続きます。

同定が間違っていたらスミマセン。


コモンヒメコキノコムシ

6-1 コモンヒメコキノコムシ
(2017.03.17 茨城県県央部)
6-2コモンヒメコキノコムシ
(2017.03.17 茨城県県央部)
6-3コモンヒメコキノコムシ
(2017.03.17 茨城県県央部)

倒木や伐採木などの樹皮下で主に菌類を食べるそうです。

コレ↑は「コキノコムシ」ですが、「オオキノコムシ」もいるようです。

「キノコムシ」という甲虫の存在は、大人になってから知りました。


そして前回も出会ったヒレルクチブトゾウムシ

7-1ヒレルクチブトゾウムシ
(2017.03.17 茨城県県央部)
7-2ヒレルクチブトゾウムシ
(2017.03.17 茨城県県央部)
10-2ヒレルクチブトゾウムシ
(2017.03.17 茨城県県央部)
10-3ヒレルクチブトゾウムシ
(2017.03.17 茨城県県央部)
11-1ヒレルクチブトゾウムシ
(2017.03.17 茨城県県央部)
11-2ヒレルクチブトゾウムシ
(2017.03.17 茨城県県央部)
11-3ヒレルクチブトゾウムシ
(2017.03.17 茨城県県央部)

背中に乗っているのは♂♀ペアなんですかね?

それよりも「ヒレル」ってなんだろ??



ものすごーーーっく小さかったユアサハナゾウムシ

8-1ユアサハナゾウムシ
(2017.03.17 茨城県県央部)
8-2ユアサハナゾウムシ
(2017.03.17 茨城県県央部)
8-3ユアサハナゾウムシ
(2017.03.17 茨城県県央部)
12-1ユアサハナゾウムシ
(2017.03.17 茨城県県央部)
12-3ユアサハナゾウムシ
(2017.03.17 茨城県県央部)
12-4ユアサハナゾウムシ
(2017.03.17 茨城県県央部)
12-5ユアサハナゾウムシ
(2017.03.17 茨城県県央部)

ん~、どれも暗くてイマイチな画像ばかり・・・

カメラを使いこなせてません。

このゾウムシ、ホントに小さくて3mmぐらいしかないんじゃないかな。



けっこう沢山いたアカアシノミゾウムシ

13-2アカアシノミゾウムシ
(2017.03.17 茨城県県央部)
13-1アカアシノミゾウムシ
(2017.03.17 茨城県県央部)
13-3アカアシノミゾウムシ
(2017.03.17 茨城県県央部)
13-4アカアシノミゾウムシ
(2017.03.17 茨城県県央部)


こいつ↑「ノミ」と名前につくだけあって跳ねました。

初体験だったんで、驚きです。
Σ( ゚ω゚) スッ、スゲー!!




最後にチビタマムシの一種

14-1チビタマムシの一種
(2017.03.17 茨城県県央部)
14-2チビタマムシの一種
(2017.03.17 茨城県県央部)
14-3チビタマムシの一種
(2017.03.17 茨城県県央部)
14-5チビタマムシの一種
(2017.03.17 茨城県県央部)


やっぱり暗いなぁ・・・

フラッシュ使えば違うのか??


チビタマムシのほかに「ナガタマムシ」というのもいますが、、、


まだ出会えてません。



以上、写真の撮り方に課題の残る今回でした(笑)