上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベニシジミ

20170429-1ベニシジミ
(2017.04.29 茨城県県南部 Nikon COOLPIX A900)


橙色がとてもきれいで、よく目に留まります。

普通種ですけど、個人的には大好きな蝶です。

幼虫の食草はスイバやギシギシなどのタデ科の植物です。


タラノキ

20170429-2タラノキ
(2017.04.29 茨城県県南部 Nikon COOLPIX A900)


群生、、とはいきませんが、けっこう沢山ありました。

ウコギ科の落葉低木です。

新芽を天ぷらにしたりして食用にするので、あまりにも有名ですよね。

一応「タジマカミキリはついていないか?」と、調べてみましたがいませんでした。

未だにナマ・タテジマカミキリは目にしておりません。。。




他には、チゴユリ

20170429-7チゴユリ
(2017.04.29 茨城県県南部 Nikon COOLPIX A900)


ウラシマソウ

20170429-4ウラシマソウ
(2017.04.29 茨城県県南部 Nikon COOLPIX A900)




シダに尺取虫(シャクガの幼虫)↓がいましたが、同定はできていません。

20170429-5シャクガ?
(2017.04.29 茨城県県南部 Nikon COOLPIX A900)


これは何でしょう?

コウライナンテンショウ・・・の仲間でしょうか??

20170429-6コウライナンテンショウ類
(2017.04.29 茨城県県南部 Nikon COOLPIX A900)


相変わらず同定を後回しにしているスミレ(の仲間)です↓

20170429-11スミレの仲間
(2017.04.29 茨城県県南部 Nikon COOLPIX A900)
20170429-9スミレの仲間
(2017.04.29 茨城県県南部 Nikon COOLPIX A900)
20170429-10スミレの仲間
(2017.04.29 茨城県県南部 Nikon COOLPIX A900)


スミレ(の仲間)の閉鎖花

20170429-8スミレの種子
(2017.04.29 茨城県県南部 Nikon COOLPIX A900)


閉鎖花とは「花が開かないまま自家受精を行い結実する花」だそうです。

スミレのほかにミヤマカタバミやフタリシズカ、タツナミソウなど。

日本では11科14属19種に閉鎖花が見られるとか。



ここから虫たちを一気にご紹介。


シオヤトンボ

20170429-13シオヤトンボ
(2017.04.29 茨城県県南部 Nikon COOLPIX A900)


ヤマトシジミ

20170429-15ヤマトシジミ
(2017.04.29 茨城県県南部 Nikon COOLPIX A900)
20170429-16ヤマトシジミ
(2017.04.29 茨城県県南部 Nikon COOLPIX A900)


ツマキアオジョウカイモドキ

20170429-18ツマキアオジョウカイモドキ
(2017.04.29 茨城県県南部 Nikon COOLPIX A900)
20170429-17ツマキアオジョウカイモドキ
(2017.04.29 茨城県県南部 Nikon COOLPIX A900)


アオモンイトトンボ♀↓でしょうか

20170429-20アオモンイトトンボ♀
(2017.04.29 茨城県県南部 Nikon COOLPIX A900)


マルカメムシ

20170429-21マルカメムシ
(2017.04.29 茨城県県南部 Nikon COOLPIX A900)


ヒラタアオコガネ

20170429-22ヒラタアオコガネ
(2017.04.29 茨城県県南部 Nikon COOLPIX A900)


ヒラタハナムグリ

20170429-23ヒラタハナムグリ
(2017.04.29 茨城県県南部 Nikon COOLPIX A900)


コブヒゲカスミカメ↓でしょうか?

20170429-24コブヒゲカスミカメ
(2017.04.29 茨城県県南部 Nikon COOLPIX A900)


トビゲラの仲間

20170429-19トビゲラの仲間
(2017.04.29 茨城県県南部 Nikon COOLPIX A900)


ピンボケですが、ご愛敬ww


クモの仲間

20170429-12クモの一種
(2017.04.29 茨城県県南部 Nikon COOLPIX A900)


以上が本日茨城県県南部某所で出会った生き物たちでした。


このあと地元に戻って、少しだけ寄り道しましたwww



にほんブログ村 アウトドアブログ 外遊びへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
本日はイベントです。


里山の春を探しながらゆっくりのんびりと歩いてみました。




まずは出会った植物たち。


☆スミレの仲間

20170422-01スミレの仲間
(2017.04.22 茨城県県南部 Nikon COOLPIX A900)


今年はたくさんのスミレと出会いましたが、同定が難しく後回しにしており、

いずれ「スミレ特集」みたいな形で、じっくりと同定に挑戦してみたいと思っています。


☆チゴユリ 稚児百合

20170422-02チゴユリ
(2017.04.22 茨城県県南部 Nikon COOLPIX A900)


茨城ではどこに行ってもたくさんあるように感じますが、九州ではレッドリストの対象になっているところもあるんですね...

花が可愛らしいことから稚児ユリと言われています。

私も個人的に好きな花の一つなんです。



☆コメツブツメクサ 米粒詰草

20170422-05コメツブツメグサ
(2017.04.22 茨城県県南部 Nikon COOLPIX A900)


帰化植物なんですね。



☆シロツメグサ 白詰草

20170422-07シロツメグサ
(2017.04.22 茨城県県南部 Nikon COOLPIX A900)


英語ではクローバー。


恥ずかしながら興味がなかったころには、クローバーとシロツメグサは別物だと思っていました。

ただ混じって生えているだけだと...(笑)


こちら↑も帰化植物だということです。

家畜用の資料として持ってこられたとか。



☆ニガナ 苦菜

20170422-06ニガナ
(2017.04.22 茨城県県南部 Nikon COOLPIX A900)


「苦菜」ということで、実際少しかじってみたんですが...なるほど、苦かったです(笑)


それにもまして驚き感心したことが、この花、、花弁が5枚の花に見えますが、

「頭花は、舌状花のみで、通常は 5 個からなつている」ということなんだそうです。


ということは…花が5つ集まって一つの花に見えるということでいいのでしょうか?


アザミやタンポポも舌状花が頭花として集まっている花だということです。

そういえば、タンポポのことは聞いたことがあったかもしれません。


再度、勉強になりました。



で、そのタンポポ。


☆カントウタンポポ 関東蒲公英

20170422-10カントウタンポポ
(2017.04.22 茨城県県南部 Nikon COOLPIX A900)


つづいて、


☆ヤハズエンドウ(カラスノエンドウ) 矢筈豌豆

20170422-08カラスノエンドウ
(2017.04.22 茨城県県南部 Nikon COOLPIX A900)



☆オオイヌノフグリ 大犬の陰嚢

20170422-09オオイヌノフグリ
(2017.04.22 茨城県県南部 Nikon COOLPIX A900)


帰化植物。


「イヌノフグリ」を探しているのですが、こちらにはなかなか出会えません。



☆カンスゲの仲間?

20170422-11カンスゲの仲間
(2017.04.22 茨城県県南部 Nikon COOLPIX A900)


こちら↑の類は難しいです(笑)



☆ヤブヘビイチゴ 藪蛇苺

20170422-14ヤブヘビイチゴ
(2017.04.22 茨城県県南部 Nikon COOLPIX A900)


クサイチゴもよく見かけますが、こちら↑のヤブヘビイチゴはあまり美味しくないそうです。

食べらることは食べられるのですが、味がほとんどありません。



☆コハコベ 小繁縷

20170422-15コハコベ
(2017.04.22 茨城県県南部 Nikon COOLPIX A900)


こちらにも感心。


花弁10枚に見えますが、本当は5枚。

深く2つにさけているので10枚に見えるのです。


↓見えるかな??

コハコベ
(2017.04.22 茨城県県南部 Nikon COOLPIX A900)


微妙ですね(笑)



☆セリ 芹

20170422-17セリ
(2017.04.22 茨城県県南部 Nikon COOLPIX A900)


☆オドリコソウ 踊り子草

20170422-18オドリコソウ
(2017.04.22 茨城県県南部 Nikon COOLPIX A900)



☆ホトケノザ 仏の座

20170422-19ホトケノザ
(2017.04.22 茨城県県南部 Nikon COOLPIX A900)


↑ピンボケ(笑)


☆キランソウ 金瘡小草

20170422-21キランソウ
(2017.04.22 茨城県県南部 Nikon COOLPIX A900)


ロゼット状に葉を広げている植物です。


☆キュウリグサ 胡瓜草

20170422-22キュウリグサ
(2017.04.22 茨城県県南部 Nikon COOLPIX A900)



☆ウラシマソウ 浦島草

20170422-26ウラシマソウ
(2017.04.22 茨城県県南部 Nikon COOLPIX A900)


浦島太郎の釣り竿はちゃんと写っているかな?(笑)


やはり一部の県ではレッドリストに指定されているようです。

園芸用に採集されるのだとか...


☆スミレの仲間

20170422-28スミレの仲間
(2017.04.22 茨城県県南部 Nikon COOLPIX A900)


☆ネコノメソウの仲間

20170422-29ネコノメソウ
(2017.04.22 茨城県県南部 Nikon COOLPIX A900)


☆イモカタバミ 芋片喰

20170422-30イモカタバミ
(2017.04.22 茨城県県南部 Nikon COOLPIX A900)


帰化植物です。


☆ムラサキケマン 紫華鬘

20170422-34ムラサキケマン
(2017.04.22 茨城県県南部 Nikon COOLPIX A900)



以上、これだけの野花に出会うことができました。



が、まだまだ写真があるんです(笑)


ご紹介します。


◇クサイチゴ 草苺

20170422-03クサイチゴ
(2017.04.22 茨城県県南部 Nikon COOLPIX A900)


草と名前がついていますが、落葉小低木です。

つまりは〝木”なんですね。



◇アオダモ 青梻?

20170422-35アオダモ
(2017.04.22 茨城県県南部 Nikon COOLPIX A900)



野球の木製バットでおなじみですね。



◇ウワミズザクラ 上溝桜

20170422-25ウワミズザクラ
(2017.04.22 茨城県県南部 Nikon COOLPIX A900)


「杏仁子」とは・・・


気になります。


◇コナラ 小楢

20170422-12コナラ
(2017.04.22 茨城県県南部 Nikon COOLPIX A900)



◇ミツバアケビ 三葉木通

20170422-13ミツバアケビ
(2017.04.22 茨城県県南部 Nikon COOLPIX A900)



◇ニワトコ 接骨木?

20170422-27ニワトコ
(2017.04.22 茨城県県南部 Nikon COOLPIX A900)



◇シロダモ 白だも

20170422-31シロダモ
(2017.04.22 茨城県県南部 Nikon COOLPIX A900)


茨城ではけっこう見かけますが、山形県では準絶滅危惧種になっているようです。



◇アオキ

20170422-32アオキ
(2017.04.22 茨城県県南部 Nikon COOLPIX A900)


希少や絶滅とは程遠いぐらいこれ↑ばかり生えています(笑)



◎ホオジロ 頬白

20170422-04ホオジロ
(2017.04.22 茨城県県南部 Nikon COOLPIX A900)



▽ベニシジミ 紅小灰蝶

20170422-16ベニシジミ
(2017.04.22 茨城県県南部 Nikon COOLPIX A900)



▽ヤマトシジミ 大和小灰蝶

20170422-23ヤマトシジミ
(2017.04.22 茨城県県南部 Nikon COOLPIX A900)



▽ヒラタアブの仲間

20170422-24ヒラタアブの仲間
(2017.04.22 茨城県県南部 Nikon COOLPIX A900)


▽モモブトカミキリモドキ 

20170422-33モモブトカミキリモドキ
(2017.04.22 茨城県県南部 Nikon COOLPIX A900)



たくさんのお花や生き物に出会え、とても楽しいハイキングでした。


20170422-36.jpg




にほんブログ村 アウトドアブログ 外遊びへ
にほんブログ村
Part2です。

早速ですが、いきます。



スミレの仲間(未同定)

20170416-35.jpg
(2017.04.16 茨城県県北部 Nikon COOLPIX A900)


今年は数多くのスミレを見ることができました。

あとで全種類の同定に挑戦してみるつもりです。

果たしていくつの同定ができるのか?(笑)


ユリワサビ

20170416-38ユリワサビ
(2017.04.16 茨城県県北部 Nikon COOLPIX A900)


以前の記事で「食べられる」と書きましたが、ワサビ同様山菜とされ、茎や葉、花は、おひたしなどに利用されるそうです。


食べてみたいと思うのは私だけでしょうか??



ヤドリギ

20170416-50ヤドリギ
(2017.04.16 茨城県県北部 Nikon COOLPIX A900)


地元ではほとんどお目にかかれませんでしたが、1本の木にまさかこんなに多く宿っているとは...(笑)


ところ変われば・・・ですね。



カタクリ

20170416-53カタクリ
(2017.04.16 茨城県県北部 Nikon COOLPIX A900)


春を代表する野花ですね。

四国と九州での分布は極一部に限られ絶滅が危惧されているそうです。

関東でも神奈川県では絶滅危惧IB類、東京都北多摩、南多摩では絶滅危惧II類、埼玉県では準絶滅危惧種のようです。

その他の県でも指定を受けているようです。


幸いこの場所では群生していましたが、明らかに盗掘された跡もありました。


自生地を密やかに自分の内に秘め、写真に収めるだけではだめなのでしょうか???



ヒメカンゾウ

20170416-55ヒメカンゾウ
(2017.04.16 茨城県県北部 Nikon COOLPIX A900)
20170416-56ヒメカンゾウ
(2017.04.16 茨城県県北部 Nikon COOLPIX A900)



「日本原産ではあるがはっきりとした産地は不明」とありました。



エンコウソウでしょうか?↓

20170416-57ヒメリュウキンカ
(2017.04.16 茨城県県北部 Nikon COOLPIX A900)
20170416-58ヒメリュウキンカ
(2017.04.16 茨城県県北部 Nikon COOLPIX A900)


リュウキンカの変種だということです。



ザゼンソウ

20170416-60ザゼンソウ
(2017.04.16 茨城県県北部 Nikon COOLPIX A900)
20170416-59ザゼンソウ
(2017.04.16 茨城県県北部 Nikon COOLPIX A900)


偶然出会うことができて、大変うれしかったです。

ほかに、同じ湿地に1株、林の中の湿地にで2株見つけることができました。

このザゼンソウも各県で絶滅危惧種や危急種に指定され、ここ茨城県でも純絶滅危惧所に指定されています。



そして最後はこちらもずっと探していたエイザンスミレ

20170416-61エイザンスミレ
(2017.04.16 茨城県県北部 Nikon COOLPIX A900)


やっと出会うことができました。 ((*^∀^))



以上、久々の県北編は終了です。


にほんブログ村 アウトドアブログ 外遊びへ
にほんブログ村


植物編です。


いい時期なんですね。


今まで知らなかった色んな植物に出会えました。




いつもなんですが...

同定を間違っていたらすいません(笑)


ヤブヘビイチゴ

20170416-1.jpg
(2017.04.16 茨城県県北部 Nikon COOLPIX A900)
20170416-2.jpg
(2017.04.16 茨城県県北部 Nikon COOLPIX A900)
20170416-22.jpg
(2017.04.16 茨城県県北部 Nikon COOLPIX A900)


けっこう県内の色々なところに自生していますね。


ヤブヘビイチゴは食べられますが、味がほとんどしないそうです。


ヤマネコノメソウ↓?

20170416-3.jpg
(2017.04.16 茨城県県北部 Nikon COOLPIX A900)
20170416-4.jpg
(2017.04.16 茨城県県北部 Nikon COOLPIX A900)


ヤマネコノメソウは「日本国内では分布域、生育環境共にもっとも幅広いものである」そうです。

それに、ネコノメソウは色々仲間が多いようですね。



フキの花↓でしょうか?

20170416-5.jpg
(2017.04.16 茨城県県北部 Nikon COOLPIX A900)



ミミガタナンテンショウ

20170416-7.jpg
(2017.04.16 茨城県県北部 Nikon COOLPIX A900)
20170416-8.jpg
(2017.04.16 茨城県県北部 Nikon COOLPIX A900)


サトイモ科テンナンショウ属 は、いくつも仲間があるようです。

ウラシマソウやマムシグサも同じ仲間です。



ヤマエンゴサク

20170416-11ヤマエンゴサク
(2017.04.16 茨城県県北部 Nikon COOLPIX A900)


キケマン属の多年草です。



またまたスミレ(笑)

スミレ(未同定)

20170416-12.jpg
(2017.04.16 茨城県県北部 Nikon COOLPIX A900)



ツルカノコソウ

20170416-13ツルカノコソウ
(2017.04.16 茨城県県北部 Nikon COOLPIX A900)



カンスゲ

20170416-15カンスゲ
(2017.04.16 茨城県県北部 Nikon COOLPIX A900)
20170416-16カンスゲ
(2017.04.16 茨城県県北部 Nikon COOLPIX A900)


いまいち自信はありませんが、少なくともカンスゲの仲間といったところでしょう。



次はお気に入りの一つ、ハナネコノメ(ソウ)

20170416-14ハナネコノメ
(2017.04.16 茨城県県北部 Nikon COOLPIX A900)
20170416-40ハナネコノメ
(2017.04.16 茨城県県北部 Nikon COOLPIX A900)
20170416-41ハナネコノメ
(2017.04.16 茨城県県北部 Nikon COOLPIX A900)


ネコノメソウの中では、とてもお花らしい花ですよね。


小さくてとても可愛いお花です。



トウゴクサバノオ

20170416-17トウゴクサバノオ
(2017.04.16 茨城県県北部 Nikon COOLPIX A900)
20170416-27トウゴクサバノオ
(2017.04.16 茨城県県北部 Nikon COOLPIX A900)


「東国鯖の尾」ということらしく、東国=関東、花後の果実がT字状であるため魚のサバの尾に見立ててこの名前が付いたようです。

お花はとても可愛らしいんですけどね、サバの尾とは...(笑)



キクザキイチゲ

20170416-10.jpg
(2017.04.16 茨城県県北部 Nikon COOLPIX A900)
20170416-37キクザキイチゲ
(2017.04.16 茨城県県北部 Nikon COOLPIX A900)
20170416-51キクザキイチゲ
(2017.04.16 茨城県県北部 Nikon COOLPIX A900)


イチリンソウやニリンソウの仲間です。

ここではキクザキイチゲがとても多く自生していました。

イチリンソウよりも花弁が多く、葉の切れ込み方も違います。


同じ仲間のヒメイチゲ(姫一華)

20170416-30ヒメイチゲ
(2017.04.16 茨城県県北部 Nikon COOLPIX A900)
20170416-31ヒメイチゲ
(2017.04.16 茨城県県北部 Nikon COOLPIX A900)



コガネネコノメソウ(黄金猫の目草)↓と同定してみました。

花の形からです。

20170416-54コガネネコノメソウ
(2017.04.16 茨城県県北部 Nikon COOLPIX A900)


コガネネコノメソウ似ているような・・・

ん~、もう一度よく図鑑やネットで確認します。


セリバオウレン(芹葉黄蓮)

20170416-32オウレン
(2017.04.16 茨城県県北部 Nikon COOLPIX A900)
20170416-33オウレン
(2017.04.16 茨城県県北部 Nikon COOLPIX A900)
20170416-62セリバオウレン
(2017.04.16 茨城県県北部 Nikon COOLPIX A900)


花だけではオウレンと見分けるのが難しく、 葉で見分けるようです。



植物も昆虫に負けず同定が難しいです...(笑)




植物編、ここまでをPart1とします。


引き続きPart2をお待ちください。


にほんブログ村 アウトドアブログ 外遊びへ
にほんブログ村

前回の野鳥編に引き続き、昆虫編となります。


あまり多くの種類を写真に収められませんでしたが、4月半ばに出会えた昆虫たちです。


では。


まずはガムシの仲間

20170416-46未同定
(2017.04.16 茨城県県北部 Nikon COOLPIX A900)
20170416-100ガムシの仲間?
(2017.04.16 茨城県県北部 Nikon COOLPIX A900)



ガムシの仲間。だと思われます。

小さな小川の落ち葉の上におりました。

相変わらず同定は難しいのですが、未同定フォルダに入れじっくりと同定に挑戦してみます。


カワゲラの仲間

20170416-49カワゲラの仲間
(2017.04.16 茨城県県北部 Nikon COOLPIX A900)


見た目が似ているのは「オオメコナガカワゲラ」なんですけどね。

こちらも上と同じくもう少し調べる必要ありです。


しかし...

『日本で記録されたカワゲラ類は約200種に達しますが、未記載種が多く、実際には350~400種とする推定もあります』


↑とのことですので、到底私にはムリなのでしょう(笑)


でも、このカワゲラは確かに存在していました。


キタテハ

20170416-25キタテハ
(2017.04.16 茨城県県北部 Nikon COOLPIX A900)
20170416-24キタテハ
(2017.04.16 茨城県県北部 Nikon COOLPIX A900)


後翅の裏に「C」がちゃんと見えてます(笑)


以上、たった3種類でした。


次回植物編に続きます。


植物が少し多かったかな。



では。


にほんブログ村 アウトドアブログ 外遊びへ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。